マンション査定はどのくらい時間がかかる?机上査定と訪問査定の違い

不動産売却のことなら【すまいうる】
監修の逆瀬川勇造さんの写真

宅地建物取引士

監修 逆瀬川勇造

マンションの売却を検討し始めたら、最初にマンションの査定を受けるのが一般的です。

マンションの売却は購入者の転勤や進学の多い時期など売買の成立しやすい時期があり、一方で売主側に売却の期限があることもあるでしょう。

そのため、マンションの査定にどのくらいの時間がかかるのかなど把握した上で、計画的に売却を進めていく必要があります。

そこで、本記事では以下の点にポイントを当てて解説します。

この記事ではこんな疑問に答えます! 

  • マンション査定にはどのくらい時間がかかるの?
  • マンション査定の机上査定と訪問査定って何?
  • 机上査定と訪問査定それぞれのメリット
  • デメリットを知りたい!
  • マンションが売れるまでどのくらいかかる?

マンション売却では売却のタイミングが非常に重要です。

しかし、マンション査定は複数の会社に依頼することも可能で、計画的に進めなければいたずらに時間が過ぎてしまっていたということにもなりかねません。

また、マンション査定には「机上査定」と「訪問査定」の2つがあり、それぞれ査定の内容やかかる時間が異なるため、必要に応じて使い分ける必要があります。

筆者は注文住宅やマンションのディベロッパーの営業マンとして7年の経験があり、多くの売買に立ち会ってきました。

その経験を活かし、この記事ではマンション査定にかかる時間やその内容に関して分かりやすく解説していきます。

マンションの査定は机上・訪問の2種類

マンション査定にかかる時間を把握するにあたり、最初に机上査定と訪問査定、それぞれの内容とメリット・デメリットをお伝えします。

机上査定とは

机上査定とは、簡易査定とも呼ばれる査定方法です。

その名のとおり、簡易的に不動産の価値を査定します。机上査定では、実際に売却不動産を見ることなく登記簿謄本や図面など資料だけで査定を行います。

メリット

机上査定のメリットはすぐに査定価格を知れることです。

机上査定ではマンションの住所や部屋番号から、類似物件の過去の成約価格や周辺の類似物件の売却価格を参考に価格を査定します。

特にマンションの査定においては、間取りや築年数、立地など似た条件の物件が見つかりやすく、机上査定でも価格の目安を知る目的であれば十分に参考にできます。

デメリット

一方、机上査定のデメリットは実際に物件を見ないため精度が低いということです。

マンションは間取りや築年数、立地など似た条件の物件から価格を割り出しやすいとはいえ、実際には住宅設備の老朽具合や周辺環境などは物件ごとに異なります。

正確な査定を知りたければ、物件を実際に見てもらう訪問査定を受ける必要があります。

注意点

机上査定は時間をかけずに査定価格を知ることができるものの、実際にマンションを売却しようとする場合には訪問査定を受ける必要があります。

そのため、最初からマンションの売却を考えている場合には訪問査定から受けたほうがよいでしょう。

訪問査定とは

訪問査定とは実査定とも呼ばれる方法です。机上査定のように資料を用いた査定も行った上で、実際に物件を訪問して調査して査定価格を算出します。

メリット

訪問査定のメリットは正確な査定価格が出ることです。

マンションにおいては、机上査定でも間取りや築年数などから比較的高い精度で査定を受けられるとはいえ、実際に現地を訪れてみないことには老朽化の状態や駅からマンションまでの環境など知ることができません。

マンション査定の目的は単にその価値を知ることではなく、「実際にいくらで売れるのか」を知ることです。

時間が許すのであれば、仮に複数の不動産会社に査定を依頼するにしても、全ての不動産会社に対して訪問査定を依頼したほうがよいでしょう。

デメリット

訪問査定のデメリットには机上査定と比べると査定価格が出るまでに時間がかかることと、査定時に営業を受けるのではないかという心理的な面が挙げられるでしょう。

前者については後述しますが、訪問査定でなく机上査定を選ばれる方の多くが後者を理由としているようです。

注意点

訪問査定では、机上査定より精度の高い査定を受けることができますが、あくまでも査定価格です。

実際にその価格で売れるとは限りません。

中には、査定価格と成約価格とで数百万円の違いが出ることもあります。

これは不動産会社の査定の甘さが原因です。

基本的には実力のある不動産会社ほど、査定価格と成約価格の乖離は小さいと考えるとよいでしょう。

査定価格の提示を受ける際には、なぜその査定価格なのか根拠を聞いた上で、売却を依頼する不動産会社を決めるようにしましょう。

マンションの机上査定にかかる時間

マンション査定において、机上査定はすぐに査定価格を知れることがメリットであるとお伝えしました。

ではどのくらいかかるのでしょうか?一般的に、机上査定にかかる時間は30分から1時間程度です。

電話やメールで査定を依頼すると、不動産会社の担当者が忙しくなければ1時間後には査定価格を知ることができます。

机上査定で不動産会社が行うこと

机上査定では、主に以下のようなデータを調べて査定価格を算出します。

  • 類似物件の過去の成約価格
  • 類似物件の現在の売却価格
  • 不動産市場の価格動向

過去の成約価格や現在の売却価格についてはどの不動産会社が調査しても同じです。

また、インターネットに公開されている情報であれば、自分で調べることもできます。

どの物件を類似物件とするかなどある程度の知識や経験は必要ですが、どの不動産会社に依頼してもそこまで大きな違いはありません。

マンションの訪問査定にかかる時間

マンション査定において、訪問査定は実際に現地を訪れる必要があるため机上査定と比べると時間がかかります。

実際に現地にいる時間は数10分程度ですが、部屋の中を見るために売主が立ち会う必要があり、また役所や法務局に行って各種書類を取得する必要があるため1週間程度はかかると考えましょう。

訪問査定で不動産会社が行うこと

訪問査定では、机上査定と同じ調査を行った上で、営業マンが実際に現地を訪れて査定します。

また法務局や役所などに行き、登記簿謄本などの必要書類を揃えて詳細な調査を行います。

訪問査定の際にどういった点を見るかは不動産会社によって異なりますが、部屋の汚れ具合や住宅設備の劣化状況、マンションの外壁の状況や車の出し入れしやすさなどに加え、コンセントの位置や数、学校や買い物施設までの距離、日当たりや眺望のよさなど細かいところまで査定を行っていきます。

査定では、「対象のマンションを売却するとしたら購入者はいくらまで出せるか」の価格を算出するため、売買の経験が豊富であればあるほど精度は高くなります。

訪問査定を行う時間帯

訪問査定を行う時間は売主の方で指定し、不動産会社の担当者が調整するのが普通です。

不動産会社にも休日はありますが、あまり遠慮することなく土日祝日、また午前中やお昼、夕方など希望の時間を提示してみるとよいでしょう。

なお、一度に複数の不動産会社に査定を依頼する際には、1社1時間程度時間を見て1日に複数社の査定を受けても特に問題はありません。

査定が終わる時間には、前の不動産会社と次の不動産会社の担当者が鉢合わせすることもあるかもしれませんが、これもよくあることなので気にしなくてよいでしょう。

マンション査定における机上査定と訪問査定の使い分け

マンション査定において、机上査定と訪問査定はどのように使い分けるとよいのでしょうか。

マンション売却においては、実際に売却する際には訪問査定を受けなければなりません。

また、机上査定では各社そこまで大きな違いは出ないため、基本的には全ての不動産会社に訪問査定を依頼することをオススメします。

しかし、複数社に訪問査定を依頼するとなると時間を確保するのも大変だという方もいらっしゃいますよね。

そこで次善の策として、複数の不動産会社に査定を依頼する際は、まずは机上査定で担当者の提案の早さや電話口の受け答えの様子などを見ておきましょう。

複数社に訪問査定を依頼する時間が取れない場合、机上査定による査定価格を聞いた上で、対応のよかった不動産会社に絞って訪問査定を依頼するといった方法がオススメです。

マンション査定から成約までどのくらい時間がかかる?

マンションの売却は売主側に期限があることもあれば、買主側が動きやすい時期もあり、そのタイミングが重要になります。

そこで、ここではマンション売却について、査定から成約までかかる時間についてお伝えします。

マンション売却の流れ

まずはマンション売却の全体の流れをお伝えします。

一般的に、マンション売却は以下のような流れで進みます。

  1. 売却査定
  2. 査定価格の提示を受け、気に入った不動産会社と媒介契約
  3. 不動産会社による広告活動~販売活動
  4. 売買契約締結
  5. 引渡し

先に紹介したとおり、机上査定は早ければ1時間程度、訪問査定は1週間程度で査定結果をもらうことができます。

媒介契約を締結するまでを加味すると、①~②は早い人では1週間程度、遅くとも1カ月程度あれば決まるでしょう。

一番時間の読めないのが③の時期で、早ければ1カ月で決まることもあれば、半年~1年かかることもあります。

とはいえ、そこまで立地が相当悪いなど悪条件でなければ、3カ月~6カ月程度以内には契約が決まるように進めるのが一般的です。

④~⑤については早ければ1週間程度、長くとも1カ月程度です。

売れ残りが売れ残りを呼ぶ悪いスパイラル

③の時期については、買主が現れないことにはいつまで経っても売買は決まりません。

また、6カ月を超えてしまうなど、売れ残りの期間が長くなると、特に理由もなく敬遠される「売れ残りが売れ残りを呼ぶ悪いスパイラル」が生まれてしまいます。

媒介契約から3カ月程度での売却を目指そう

そのため、媒介契約の時点で3カ月以内に売却するなど、期限を区切った売却活動をおすすめします。

もし、期間中売れなければ値下げを検討しましょう。

基本的に、立地が悪いなどの悪条件がない限り、マンションは相場より割安であれば売買が決まるものです。

売却を開始してから2週間~1カ月程度でどのくらい内見の希望が集まるか、買付申し込みは入ったかなどを見極め、値下げをするかどうかを判断します。

また、2カ月経過しても売れないようであれば思い切った値下げの判断も必要となるでしょう。

「売れる時期」から逆算してマンション査定を依頼しよう

マンションの売却では売却価格の他に売却するタイミングも重要な要素となります。

一般的に、マンションは進学や転勤のある4月の1~2カ月前、つまり2~3月に売買が多く成立します。

その他、転勤は10月前後に決まることもあり9~10月もやや多くなります。

これら「売れる時期」にマンションを売却するためには、マンション査定をその2~3カ月前には済ませておくのがベストです。

つまり、2~3月に合わせるのであれば10月~11月頃、9~10月に合わせるのであれば5~6月頃にはマンション査定を依頼しておくと効果的に売却を進められるでしょう。

マンション査定にかかる時間は売る理由次第

ここまで、マンション査定には机上査定と訪問査定の2つの方法があり、机上査定は30分~1時間程度、訪問査定には1週間程度の時間がかかることをお伝えしました。

基本的には、「とりあえずマンションの価値を知りたい」程度であれば机上査定でも構いませんが、売却を前提とした査定であれば最初から訪問査定を依頼するべきです。

訪問査定の場合、不動産会社の担当者と都合の合う日を設定して訪問を受け入れる必要があるため、複数の不動産会社に査定を依頼すると査定依頼から完了まで数週間かかることもあります。

一方、急ぎであれば、1日で複数件の訪問査定を受け入れれば全ての査定を1週間程度で終わらせることも不可能ではありません。

このように、マンション査定にかかる時間は「とりあえずマンションの価値を知るため」机上査定にするのか、また「マンションの売却を前提として」訪問査定を受けるのかで変わり、さらに訪問査定の場合は訪問日をいつに設定するかでかかる時間が変わります。

売る理由ごとに、査定にかかる時間はどれくらいかを見込んだ上で、計画を立てて査定を進めるとよいでしょう。

まとめ

本記事で重要なポイントをおさらいすると以下の通りです。

記事のおさらい

  • 机上査定にかかる時間は30分~1時間程度、訪問査定にかかる時間は1週間程度
  • マンションの売却は3カ月程度を目安に契約できるよう計画を立てる
  • 2~3月と9~10月がマンションの売れやすい時期
  • マンション査定とマンション売却にかかる時間を逆算して査定を依頼する

マンション売却には「売れる時期」があり、また「売れ残るとさらに売れ残る悪いスパイラル」に陥ってしまうことがあるため、マンション査定やマンション売却にかかる時間には敏感になる必要があります。

本記事でご紹介したマンション査定にかかる時間の目安を参考に、事前にしっかり計画を立てるようにしましょう。

監修の逆瀬川勇造さんの写真

宅地建物取引士

監修 逆瀬川勇造

明治学院大学を卒業後、地方銀行にてリテール業務に従事し顧客の住宅ローンやカードローンなど担当。その後、住宅会社の営業部長として新築住宅の販売や土地開発等の業務に7年間従事しました。 Webを通して住宅や不動産の問題を解決することを志向し2018年10月に独立。 最近の趣味は子育てです。

関連記事

投資用マンション売却の豆知識!売却方法や税金について解説

投資用マンション売却の豆知識!売却方法や税金について解説

築年数が古いマンションを高く売却する4つのポイント

築年数が古いマンションを高く売却する4つのポイント

定期借地権マンションは本当に売れない?売却するための注意点と4つの対策

定期借地権マンションは本当に売れない?売却するための注意点と4つの対策

マンション売却で買取を選ぶメリット・デメリットや注意点

マンション売却で買取を選ぶメリット・デメリットや注意点

マンション査定はどのように行われる?査定方法を理解して高額売却!

マンション査定はどのように行われる?査定方法を理解して高額売却!

【マンション査定】査定方法から査定に影響するポイントまで網羅解説!

【マンション査定】査定方法から査定に影響するポイントまで網羅解説!

マンション査定は準備が必要?机上査定と訪問査定別に解説

マンション査定は準備が必要?机上査定と訪問査定別に解説

離婚時はマンションを売却するべき!離婚時の売却のポイントを紹介

離婚時はマンションを売却するべき!離婚時の売却のポイントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの不動産いくら売れる?
提携優良不動産会社から最大6社一括査定依頼!

すまいうるは一部上場企業が運営する安心・安全な無料サービスです。